秘密基地の廃材処理。

f:id:pinpoint3:20170403165157j:plain

解体したままの秘密基地。

 

今日は最寄りの銭湯へ廃材を運ぶ日。

解体で出た木材をひたすら車に積む。ひたすら積むこむ。

f:id:pinpoint3:20170403165343j:plain

銭湯のバックヤードでは、立派すぎる木材が燃やされるのを待っていた。もったいないけど、僕には活かす術がない。

 

この釜で燃やされるのね。

f:id:pinpoint3:20170403165350j:plain

先方の指示に従い、長さごとに下ろす位置を変える。ひたすら木材を下ろす。本当の肉体労働。本当に重労働。

 

下ろし終わったら、いったん秘密基地に戻り、次は産業廃棄物を車に積み込む。ボードや鉄くずは、大工さんに有料での廃棄をお願いした。

f:id:pinpoint3:20170403165251j:plain

ぶら下がっているエアコンは、大きすぎて運び出せなかった。エアコンを入れる際に、引き取りの交渉をしようと思う。

 

大物を運び出すと、天井が抜けた大空間が現れた。

f:id:pinpoint3:20170403165224j:plain

かなり埃っぽい。

 

しかし、こんなにスッキリしたことは、後にも先にも2度となかった。

奥の和室もスッキリ。

f:id:pinpoint3:20170403165240j:plain

籐のチェアとアームソファは、友達がゴミの日に出しそびれたものを貰ってきた。完成した暁には有効利用したい。

 

壁面のカビは何とかしないと。

f:id:pinpoint3:20170403165331j:plain

今日の作業はココまで。

f:id:pinpoint3:20170403165359j:plain

埃にまみれすぎた。

軍手の跡がくっきり。マスクも真っ黒になっていた。地味な作業が続く。

 

次は天井の電気とエアコンの工事をする予定。

 

2016年6月26日のできごと。