秘密基地の床塗り

f:id:pinpoint3:20170917075828j:plain

今日も秘密基地の床塗りをする。

2度、3度と塗り重ねる。

単純な作業だけど【どこから塗るか決める】のはとても大事。

塗り終わった時に部屋の隅に取り残されたり、トイレ導線が確保されていなかったりすると地味に大変なのです。

単純作業でちょっと楽しい。

f:id:pinpoint3:20170917075729j:plain

半分くらい塗り終わった所で良いアイデアが浮かぶ

子供に塗ってもらったら、素敵な思い出になるんじゃない?

よっしゃ!決定!

塗るのはココまで。

f:id:pinpoint3:20170917075733j:plain

とは言え、結構塗ってしまった。

天井も照明ヤケがあるので塗らないとなー。

 

さて、気分転換にスタイロのカットでもしましょうかね。

f:id:pinpoint3:20170917075725j:plain

今日はここまで。

 

2016年7月14日のできごと。

自宅からヒノキのフローリングを移動。

f:id:pinpoint3:20170614180911j:plain

我が家は団地。賃貸住宅に住んでいる。

賃貸だけど原状回復できるよう工夫しながら暮らしている。

 

元々、リビングの床は合板のフローリングだった。

その上に防湿シートを敷いて、ヒノキの無垢フローリングを置いていた。そろそろ飽きてきたので、ヒノキの無垢材を秘密基地で使うことに決めた。家のリビングの床材は後で考えることにした。

 

置いているだけなので剥がすのは簡単。運ぶのは大変。

車は持っていないので、タイムズカーシェアで自宅と秘密基地を往復。

 

運び込んですぐ、床の塗装に着手した。

f:id:pinpoint3:20170820115414j:plain

一心不乱に塗る。

時間の経過が早すぎる。

 

気づくとボチボチ良い時間。缶チューハイを飲む時間。 

今日はここまで。

 

2016年7月10日のできごと。

 

 

フローリングの下地づくりとエアコンの設置。

f:id:pinpoint3:20170613154147j:plain

解体の片付けがボチボチ終わった。解体の後は【つくる】が始まる。

 

今日は奥の部屋の床をつくる日。

この部屋は湿気がこもっているので床下に対策が必要だと考えていた。

大量の炭を床下に撒き、必要に応じて点検口に向けて換気扇もつけようか、そう考えていた。

 

まずは床下の状態を確認。すると、

f:id:pinpoint3:20170613155314j:plain

なんと、すでにコンクリートで対策済みじゃありませんか。

炭を事前に買っていたので40kgも余ってしまった。なんてこった。

 

どうしようもないので、隙間から大量の炭を投げ込み、なかったことに。

 

さて、気を取り直して床の下地づくりを開始。フラットな下地板に根太を固定する。

f:id:pinpoint3:20170613155307j:plain

で、根太の間にカットしたスタイロフォームを敷き詰める。

f:id:pinpoint3:20170613154147j:plain

スタイロをノコギリでカットするのが結構むずかしい。作業としては簡単なんだけど、ノコギリの目にスタイロが詰まって、切れ味がわるくなったり、ハンドカットなので曲がってしまったり。

あまり面白い作業ではなかったが、地味に作業をつづける。

 

今日は電気工事(天井照明)と、エアコンの設置を外注している。

 

夏、エアコン無しでの作業はしんどい。というか無理なので、優先的にエアコンを設置することにしたのだ。廃棄に困っていた古いエアコンも撤去してもらう。

f:id:pinpoint3:20170613155207j:plain

秘密基地で1番最初に買った家電は、トイレのウォシュレット。2番目がエアコン。

 

新宿のヤマダ電気で型落ちのエアコンを10万ほどで購入した。空間が広いのでエアコンも高出力が求められる。痛い出費だけど仕方がない。週末のDIY作業で体調を崩してはいられない。

 

黙々と床の下地づくりを続ける。飽きてきたら壁面と床面の隙間を塞ぐ作業に切り替える。

f:id:pinpoint3:20170403165331j:plain

壁を取ったので、隙間ができてしまった。隙間を白く塗装した木材で塞ぐ。 

f:id:pinpoint3:20170614180907j:plain

天井に配線ダクトレールも設置してもらった。

f:id:pinpoint3:20170613154215j:plain

やっと明かりがついた。これで遅くなっても作業ができる。

窓脇に換気扇も設置した。これで24時間いつでも換気ができる。

 

エアコンから涼しい風が届いた。

f:id:pinpoint3:20170613154252j:plain

電気と涼しい風に文明を感じた。

 

2016年7月1日のできごと。

秘密基地の廃材処理。

f:id:pinpoint3:20170403165157j:plain

解体したままの秘密基地。

 

今日は最寄りの銭湯へ廃材を運ぶ日。

解体で出た木材をひたすら車に積む。ひたすら積むこむ。

f:id:pinpoint3:20170403165343j:plain

銭湯のバックヤードでは、立派すぎる木材が燃やされるのを待っていた。もったいないけど、僕には活かす術がない。

 

この釜で燃やされるのね。

f:id:pinpoint3:20170403165350j:plain

先方の指示に従い、長さごとに下ろす位置を変える。ひたすら木材を下ろす。本当の肉体労働。本当に重労働。

 

下ろし終わったら、いったん秘密基地に戻り、次は産業廃棄物を車に積み込む。ボードや鉄くずは、大工さんに有料での廃棄をお願いした。

f:id:pinpoint3:20170403165251j:plain

ぶら下がっているエアコンは、大きすぎて運び出せなかった。エアコンを入れる際に、引き取りの交渉をしようと思う。

 

大物を運び出すと、天井が抜けた大空間が現れた。

f:id:pinpoint3:20170403165224j:plain

かなり埃っぽい。

 

しかし、こんなにスッキリしたことは、後にも先にも2度となかった。

奥の和室もスッキリ。

f:id:pinpoint3:20170403165240j:plain

籐のチェアとアームソファは、友達がゴミの日に出しそびれたものを貰ってきた。完成した暁には有効利用したい。

 

壁面のカビは何とかしないと。

f:id:pinpoint3:20170403165331j:plain

今日の作業はココまで。

f:id:pinpoint3:20170403165359j:plain

埃にまみれすぎた。

軍手の跡がくっきり。マスクも真っ黒になっていた。地味な作業が続く。

 

次は天井の電気とエアコンの工事をする予定。

 

2016年6月26日のできごと。

秘密基地をDIYで解体。

f:id:pinpoint3:20170325091931j:plain

秘密基地の解体作業。

電気工事ができる大工さんと、FaceBookで呼びかけに応じてくれた有志数名で、解体作業を行う。僕も解体作業は2回目の素人。もちろん初めて経験する方ばかり。

バールやハンマーなどの工具は、この日のためにヤフオクで大量に落札しておいた。保護メガネや軍手、ニトリル手袋はamazonで購入しておいた。

f:id:pinpoint3:20170325095052j:plain

下記のメッセージを参加希望者に送って、当日までの準備は完了。

解体作業への参加表明ありがとうございます。
場所と時間の詳細をお知らせします。

住所:新宿区**********
日付:6月 19日 (日),
時間:13:00 ~ 17:00くらいまで

適当な時間に来て、適当な時間に帰って大丈夫です。

解体が終わったら、片付けて銭湯入ってお酒でも飲もうかと思っています。銭湯に入らない場合も、一応シャワーは使えます。間違いなく汚れるので着替えがあっても良いかもしれません。

バールやハンマーなどの工具、保護メガネや軍手、ニトリル手袋などの道具はこちらで用意します。

足りないものが出ても原則、現地調達を考えていますので、

手ぶらで大丈夫です。

・汚れても良い服装
・頭をホコリから守るための帽子やタオル

上記のみお願いします。

間違いなくホコリにまみれて汚れますので、

どうぞご了承下さい。

とは言え、楽しみにしています!

そして当日、現地集合。

まずは天井の蛍光灯を外し、次に手が届きやすい壁や梁まわりに着手。

f:id:pinpoint3:20170325091949j:plain

解体した部材は後の処理を考えて、「木材」「産業廃棄物」「プラスチック」に分別。剥がした木材は、怪我のないように釘を抜く。抜けない場合は叩いて埋める。

 

天井の石膏ボードは、崩れると粉が出て後処理も大変になる。手のひらを使い、面で力を掛けて割れないようにキレイに剥がす。コツを掴むと面白い。

 

天井の石膏ボードが剥がれると、躯体に固定された格子状の垂木が現れる。垂木を電動ノコギリで適当な大きさにカットし、体重を乗せて天井を落とす。

 

せやっ!!

f:id:pinpoint3:20170325092025j:plain

躍動感あふれる写真が撮れた。

 

天井の垂木を剥がす。

f:id:pinpoint3:20170325092117j:plain

だいたい片付いてきた。今日の作業はココまで。

f:id:pinpoint3:20170325092139j:plain

天井・壁・梁の躯体が表しになる。

そして、エアコンが宙ぶらりんになった。使えないけど、どうしたものか。

 

解体後はみんなで銭湯へ。風呂上がりに、番頭さんに解体で出た木材を燃料として引き受けてもらえるか交渉する。良い返事をもらう。

 

打ち上げのため、帰りに寿司とお酒を買う。残念ながら、室内はホコリが舞いすぎて、食事ができる状況ではなかった。玄関前で立食の反省会。みんな本当にありがとう。

 

さて、もう後戻りできない状況になった。次は廃材の処理と片付けをする予定。

 

2016年6月19日のできごと。

家の近所で物件を借りた話。

f:id:pinpoint3:20161103111653j:plain

家の近くでちょっと変わった物件を借りた。

 

オンボロで大家さんが貸し出すのを諦めていた物件。

 

「自分でリフォームするから、そのまま貸してください」とお願いしてから、契約まで1年くらい掛かった。間に不動産屋さんに入ってもらい、企画書を書いて条件を詰めて。とても手間がかかった。でも、ものすごく安く借りることができた。

 

ココをバイクのガレージにして、心置きなくバイクをいじろう。

f:id:pinpoint3:20161103111716j:plain

そう思っていた。

しかし現実は残酷。坂道に建つ半地下の部屋。この段差で大型バイクを取り回すのはキツイ。

 

とは言え、面白い間取りで格安の賃料。

キッチンと水まわりもあるので、一応は住めるハズ。

DIYで家をいじるチャンスは、それほど多くはない。

f:id:pinpoint3:20161103112030j:plain

後のことは考えないで、とりあえず走り出してみよう。ここに秘密基地をつくる。

DIYスキルを磨く場にしよう。

 

まずは、現状の把握。

天井の一部は崩壊している。

f:id:pinpoint3:20161103112024j:plain

10年くらい使っていなかったらしく、かなりボロい。当たり前だけど、そのままでは使えない。

f:id:pinpoint3:20161103111744j:plain

契約上、キッチン、ユニットバス、洗面台、トイレは残置物扱いだ。

和室は洋室に変更しよう。

f:id:pinpoint3:20161103111750j:plain

まずは解体からだね。

 

2016年5月のできごと。

路上で逆ナンされて、 まんまと家にお持ち帰りされた話。

f:id:pinpoint3:20151108144542j:plain

日曜の夜に路上で逆ナンされて、
まんまと家にお持ち帰りされた話です。
こんな事ってあるんですね。

日が落ちても蝉が泣いている暑い夜。
ご飯を食べに行く途中、家を出て3分ほどの路上で声を掛けられた。

相手は白髪の老婆。腰が直角に曲がった老婆。
ホームレスの風貌と小便の匂い。顔は汗だく。
ガードレールに右手をかけ、左手で杖をついて、
辛うじて立っている状態。その場から動けない。

か細い声で助けを求めていた。

耳を近づけて話を聞くと、
通りを挟んだ向かいにある家に帰りたいのだそう。
幅員は5m程だが、支えがなく道路を渡れないらしい。

触るのを躊躇う匂いだが、
覚悟を決めて老婆を抱き上げた。

これが尋常じゃなく重かった。

持ち上げた時、老婆はもの凄く痛がり
うめき声を上げていた。

怖い目をしていたので怒っていたかもしれない。

急に不安になった。
当たり屋のようなシナリオがあって、
それに巻き込まれた気分になった。
関わって失敗したと思った。

やはり重くて運べない。
1、2歩進んだが、元の場所に降ろした。

結局、老婆に歩いてもらうため、
手を貸して支えることにした。

5mほどの道路を渡るのに
3分くらい掛かった。スローモーション。
幸いにも車は通らなかった。

老婆の杖にはビニール袋が掛けられ、
500mlのペットボトルの水が入っていた。
喉が渇いたので水を買いに出掛けた帰りなのだそう。

水。

道路を渡り、何度も前を通ったことがある古いマンションへ入った。
郵便受けを開けてくれと頼まれた。部屋番号は40x。
まさか1Fに住んでいないとは。

郵便受けには、チラシが1枚入っていた。
老婆に手渡したが、チラシを持つと杖をうまく持てない。
よく見る販促のチラシだったので、捨てておきますと伝えて預かった。

さすがにエレベーターはあった。丸くて厚みのある「開」ボタン。
老婆いわく、エレベーターが到着してから乗るまでの間に扉が閉まるので、
エレベーターが怖いらしい。
乗ろうとする時、杖の先がエレベーターと床の隙間に入りそうだった。
エレベーターの中で向きを変えることも出来ない。
確かに怖そうだ。ここで暮らすのは無理すぎる。
でも、ここに何十年も住んでいるらしい。

家へと向かう。
鍵を渡されたので開けた。玄関ドアの鍵穴に鍵を挿すのが困難らしい。
家の中を見ると、どうやら一人暮らしではないようだ。
土間に男性用の靴、テーブルの上にタバコが置いてあった。

靴を脱げないので、手伝って脱がした。
小学生が履くような白いズック。踵に名前が書いてあった。
靴下は履いていない。脱ぐと裸足。爪は伸び、指先は変形していた。

靴を靴箱に仕舞えないので手伝った。

土間と廊下の3cmほどの段差に躓き、
老婆は転んだ。3cm足を浮かすのが困難。
転んだ老婆を起こすと、玄関の鍵を渡された。
土間を歩くのが大変で、内側から鍵を閉められない。だから外から鍵を掛け、新聞受けに落として欲しいとの事だった。

ペットボトルのキャップを開けられない気がしたので緩めて渡した。
外から鍵を掛けた。鍵は新聞受けに入れた。

家から3分の異世界。初めて「孤独死」を身近に感じた。
行動に正解はあったのか。役に立てたのか。解決した問題はあるのか。まずは水を飲ませるべきだったのではないか。今日になっても考えてしまう。
一人暮らしではないのに、飲み水も用意されていない。風呂にも入っていない。トイレも不自由。だれも老婆を助けていない。

その後は、予定通りレストランに行きました。
念入りに手を拭いてから、いつもどおりに食べましたよ。
そんなもんなんです。自分は。