読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家の近所で物件を借りた話。

f:id:pinpoint3:20161103111653j:plain

家の近くでちょっと変わった物件を借りた。

 

オンボロで大家さんが貸し出すのを諦めていた物件。

 

「自分でリフォームするから、そのまま貸してください」とお願いしてから、契約まで1年くらい掛かった。間に不動産屋さんに入ってもらい、企画書を書いて条件を詰めて。とても手間がかかった。でも、ものすごく安く借りることができた。

 

ココをバイクのガレージにして、心置きなくバイクをいじろう。

f:id:pinpoint3:20161103111716j:plain

そう思っていた。

しかし現実は残酷。坂道に建つ半地下の部屋。この段差で大型バイクを取り回すのはキツイ。

 

とは言え、面白い間取りで格安の賃料。

キッチンと水まわりもあるので、一応は住めるハズ。

DIYで家をいじるチャンスは、それほど多くはない。

f:id:pinpoint3:20161103112030j:plain

後のことは考えないで、とりあえず走り出してみよう。ここに秘密基地をつくる。

DIYスキルを磨く場にしよう。

 

まずは、現状の把握。

天井の一部は崩壊している。

f:id:pinpoint3:20161103112024j:plain

10年くらい使っていなかったらしく、かなりボロい。当たり前だけど、そのままでは使えない。

f:id:pinpoint3:20161103111744j:plain

契約上、キッチン、ユニットバス、洗面台、トイレは残置物扱いだ。

和室は洋室に変更しよう。

f:id:pinpoint3:20161103111750j:plain

まずは解体からだね。

 

2016年5月のできごと。